Thursday, March 9, 2017

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、米ディズニーの株主総会で新しい映像が公開

劇場公開までおよそ9か月、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の最新フッテージが、コロラド州デンバーで開催された米ウォルト・ディズニーの年次株主総会でお披露目された。

ロサンゼルス・タイムズ紙によると、3月8日(現地時間)の朝に公開されたフッテージには、ルーク(マーク・ハミル)がレイ(デイジー・リドリー)に向かって「お前は誰だ?」と問いかけ、レイがライトセーバーを巧みに操り応えるシーンが含まれていたという。

その他のキャラクターとして、チューバッカ、レイア・オーガナ将軍(キャリー・フィッシャー)、フィン(ジョン・ボイエガ)も登場した。株主たちは、損傷したXウイングが大型の宇宙船や山々、砂漠、森林の間を飛行する姿も目撃した。

ライアン・ジョンソンが監督を務める同作には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演したアダム・ドライヴァー、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、アンソニー・ダニエルズ、グウェンドリン・クリスティー、アンディ・サーキスが再び登場する。新たなキャストとしては、ベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーン、ケリー・マリー・トランが登場する。

キャサリーン・ケネディとラム・バーグマンがプロデューサーを務め、『フォースの覚醒』の監督J・J・エイブラムスとジェイソン・マクガトリン、トム・カーノウスキーが、エグゼクティブ・プロデューサーを務める。米ディズニーは、今年1月に同作の正式タイトルを発表した。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、12月15日に全世界同時公開となる。

ロサンゼルス・タイムズ紙のレポーター、ダニエル・ミラーが詳細をシェアしたTwitterはこちら。

0 comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.